【歴】キャバクラの歴史※激近年史【画像あり】

11/08/2019

いつもありがとうございます。中州Arina Premiumパソコン係miporinでございます。今日はパリのエッフェル塔と街並みでございますヾ(*ΦωΦ)ノ数年前に足を運ばせていただいた時にはパリ郊外の「サンジェルマン・アン・レイ」で2018年に開催された作曲家クロード・ドビュッシーの没後100年祭の準備をされてございましたね~

今日はキャバクラの歴史を少し振り返ってみようと思います。よく言われてございますのがフランス語由来の「キャバレー」と英語由来の「クラブ」を合体させた造語、キャバレーのような明朗会計であり、高級クラブのようなゴージャスな雰囲気を味わえるということであると広辞苑もキャバクラについて「『キャバ』はキャバレー、『クラ』はクラブの略と記されてございますウン(*-ω-)(-ω-*)ウン

キャバクラが生まれたのは一般には1980年代前半と言われ言われ1985年S60「キャバクラ」という言葉は「日本新語・流行語大賞」の表現賞に輝いたようでございますね~
別の説もあり、週刊朝日が女子大生モデル表紙を始めたのが1980年で1983年からフジテレビで深夜に生放送されていた『オールナイトフジ』を機に女子大生ブームや素人ブームが盛り上がりそれがキャンパスクラブになりキャバクラの勃興期は女子大生ブームと重なっており「キャンパス」と「クラブ」を一緒にした「キャンパスクラブ」の略語という説でございます(。 ・ω・))フムフム

であれば『キャンクラ』になってしまいそうでございますが、、『キャバクラ』の方が語呂が良かったのでございましょうか(;´・ω・)ウーン・・・

学生と言えば中州Arina Premiumにも多数在籍してございますね~スペシャルキャストの高嶺れいさん、ブログ女王の桜木ももかさん、藤崎あみさん、他にもきっといるはずでございますので近々探ってみる所存でございます(ΦωΦ)フフフ…
何しろ中州Arina Premiumには40名を超える美しく煌びやかなキャストさんが在籍してございます故調査に時間を要してしまいますが少々お待ちくださいませヽ(○´3`)ノ.:*゚..:。:.

そんな空前のキャバクラブームを加速させたのは2006年に創刊された月刊誌でキャバ嬢を読者モデルとした雑誌『小悪魔Ageha』出版不況と言われる現代において何と発行部数が30万部にも達したそうでございます(((;°Д°;))))

2008年にルポライターの藤井良樹さんが出した『キャバ嬢「給与明細」のヒミツ』(講談社)も一役買っているとmiporinは確信してございますヾ(*ΦωΦ)ノ2008年のアンケートで15~22歳の女性を対象としてなりたい職業を聞いたアンケートで女性が憧れる色々な職業がランクインする中で、なんと9位には「キャバクラ嬢」がランクイン!このことは大きなニュースでござりんす~
(ꈍ﹃ ꈍ)スヤァ…Σ(✪ ◇ ✪*)

以上キャバクラの歴史※激近年史でございました。次回は江戸から明治編を中州Arina Premiumキャストさんの裏ショットと一緒にお届けする所存でございます(。☌ᴗ☌。)トゥ~ン!

ということで、今夜も中洲Arina premium パソコン係miporinはパソコンを拭きながらお待ちしております。

  • Share:

You Might Also Like

0 コメント